韓国、弾劾裁判中パク大統領はどうなるのか?

パククネ

朴大統領、権限が停止したが、警護・儀典などそのまま

 

朴槿恵(パククネ)大統領は9日弾劾訴追案が国会を通過したことによって、憲法が付与した大統領の権限を行使できなくなる。具体的には首相と長官をはじめ、各種政府人事、外国首脳との外交行為、国軍統帥権、緊急措置権、戒厳令宣布権、恩赦権、国会出席権などだ。

しかし、権限が停止されても大統領の身分は維持される。対内外的に「韓国朴槿恵大統領」の呼称をそのまま使うことができる。国家元首に対する警護と儀典もそのまま適用される。ハングァンオク室長をはじめとする大統領秘書室もそのまま維持される。大統領の給料も通常通りに支給される。ただし、特殊活動費などを受け取ることはできない。

 

パククネ
もう少し大統領府官邸に滞在できそうなパククネ大統領

 

大統領府官邸での生活も許される。故盧武鉉(ノムヒョン)前大統領は2004年3月弾劾訴追後、官邸でそのまま生活していたが、公式日程はしなかった。一部では、朴大統領が弾劾審判期間三成洞の私邸に滞在する可能性も出ているが、警護の必要性などを考慮すると、朴大統領も官邸に居住し、弾劾審判に備えることになりそうだ。

 

大統領秘書室の組織は維持されるが、中心的な役割は大統領補佐で大統領権限代行のファンギョアン首相補佐に変わる。2004年、盧武鉉大統領弾劾当時、法務部が作成した『権限が行使停止された大統領の地位』報告書には、「権限が停止した大統領は、非公式報告は受けてもよい」とされる内容があった。しかし、公務上秘密漏えいなどの問題があり、注意が必要という指摘が続いた。

 

翻訳元記事:chosun.biz 2016/12/9
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=023&aid=0003236382


大統領を辞めたら、拘束されて裁判、刑務所コースのような気がしますので、私邸に戻れるとしても短期間で終わって、再度戻るのは、当分先になるか生きて戻れるかわからないですね。

お願いですから↓↓↓をクリックしてください。m(     )m
お願いですから↓↓↓をクリックしてください。m(     )m
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村