ユハンキンバリー・ホームプラスなど18製品’危害’洗浄剤等の回収の措置

オキシー社、加湿器消毒剤

ー型芳香剤などで基準を超過した有害化学物質が検出され、回収勧告措置が下された。

環境部や産業通商資源部は昨年に懸念製品15種と工業製品の4種計2万3388個の製品に対する成分・含量を全数調査した結果、10の国内メーカーが製造・販売するスプレー型洗浄剤、芳香剤、脱臭剤など18製品から人体危害の水準を超過する成分が検出されたと10日明らかにした。

環境部が危害懸念製品15品目を製造・輸入する2667社を相手に製品の成分と含有量などを調査した結果、2万3216個のうち79%の1万8340個の製品に733種の殺生能力がある物質が使用されていたことが明らかになった。危害懸念製品は洗浄剤、合成洗剤、漂白剤、繊維柔軟剤、コーティング剤、接着剤、芳香剤、脱臭剤、防錆剤、湯気こもり防止剤、脱・毛染め剤、入れ墨用染料、消毒剤、防虫剤、防腐剤などだ。品目別では、洗浄剤(497種)、芳香剤(374種)、脱臭剤(344種)の順だ。

一方、産業部がウォッシャー液、不凍液、湿気除去剤、ろうそくなどの工業製品4種を製造・輸入する74社、172製品を調査した結果、106個の製品に34種の殺生能力がある物質が使用されたことが分かった。品目別にはウォッシャー液(17種)、不凍液(13種)、湿気除去剤(6種)、ロウソク(5種)などの順で殺生物質が多かった。

ソウル経済 2017.1.10
ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=081&aid=0002789344


有害物質が製品の中に入っていたと言えば、「加湿器殺菌剤」事件が思い出されるところですが、他にも歯磨き粉などでも有害物質が入っていたという問題が提起されたりとこのところ、このような日用生活用品の安全性に関する問題が次々と提起されており、韓国から日本に輸入されている製品は大丈夫なのか?と心配になります。

お願いですから↓↓↓のクリックをお願いいたします。
お願いですから↓↓↓のクリックをお願いいたします。